冊子を作りたい場合に注目されている理由を理解しておこう

記事一覧

オフセット印刷

印刷機

最もポピュラーなオフセット印刷

フライヤー印刷とチラシ印刷は同じような意味合いで使われることがあります。しかし、チラシ印刷の中でも小さなサイズの広告物や厚みのある広告物のことをフライヤー印刷と呼んで分けているケースも少なくありません。そのチラシ印刷やフライヤー印刷に関して、良く利用される印刷方式にオフセット印刷があります。オフセット印刷とは最もポピュラーな印刷方式であり、フライヤー印刷をはじめとして、雑誌や新聞などの印刷でもこの方式が採用されています。これは印刷インキを版から離して(オフ)、ゴムローラーに転写したあと、紙などに固定(セット)するため、オフセット印刷と呼ばれているのです。オフセット印刷では、印刷インキが残る親油性の部分と、湿し水という液体が残る親水性の部分を版に作ります。インキの層と水の層が版の上に作られ、その後に紙の上にインキ像が形成される仕組みです。色の濃淡を出す場合、インキ層の面積を調節して表現することになります。オフセット印刷で使用される印刷機には、ロール状の紙に印刷をかける輪転機と、シート状の紙に印刷をかける枚葉機とがあります。輪転機は新聞紙の印刷でイメージする人が多いかもしれません。輪転機は高速で印刷できる反面、機械がとても高価という特徴があります。また、枚葉機の機械サイズは多種多様であり、使用する紙も原紙幅や、その倍や半分のサイズなどが使用されています。フライヤー印刷でもこれらの印刷機を用いて、大量印刷を行っていることが多いです。